So-net無料ブログ作成
検索選択
犬と暮らすということ ブログトップ

犬と暮らすということ [犬と暮らすということ]

犬と暮らすことについて、私なりに思うことが色々あります。
ですがなんせ文がへたくそで...上手く伝えられない(汗)
けれど、せっかくこうしてブログを立ち上げたのだから、無責任な飼い主さんに少しでも伝えたくて
あるサイトの記事を抜粋してご紹介したいと思います(ちゃんとご主人のご了承済みです)

☆★一番必要なのは愛情だけど...。★☆
犬と暮らすことに「愛情」が必要なのは当然の事です。
でも、愛情さえあればすくすくと育つわけではありません。健康で幸せな暮らしを維持していくため のお金が必要です。

犬と暮らすということは、思っている以上にお金がかかります。病院にかかるようになれば、一回  の通院で数千円~数万円のお金が飛んでいきます。

もし、犬にかけるお金をケチったとしたら?
繋いでいたリードが古くなって切れてしまい、行方不明になるかもしれません。
予防接種をしなかったばかりに、病原菌に侵され、もがき苦しんで死んでいく事になるかもしれま せん。

子犬を迎える、それだけで一大イベントで、とにかく飼ってしまえばなんとかなると思いがちです  が、最初の一年は出費の多い期間です。
少し冷静になって、子犬が来たその日から必要になるケージやフード、トイレシートなどの設備、備 品、日用品類、ワクチン、予防接種などの医療費をまかなう事が出来るのか考えてみてください。   

☆★今までとは違う暮らしです★☆
犬を迎えることで、今までとは違う暮らしになると思います。しつけをしたり、毎日散歩に連れて行 ったり、病気の看病をしたり。
これから先の十数年間は「犬と共有する時間」になります。
思い立って一人で旅行に行くことも、朝から晩まで家を空けることも、いきなり友達の家に泊まりに 行くことも、今までと同じようにいかないかもしれません。
犬連れで出かけたとしても、入店のできないお店や泊まることのできないホテルのほうが多いの  です。
「犬のせいで自由がなくなった」と思わないでいられますか?

あなたは犬のいない暮らしを知っていますが、犬はあなたのいない暮らしを知りません。
犬が来た日から、あなたやあなたの家族が親であり、兄弟であり、友達です。
犬はなによりもあなたのそばにいる事に幸せを感じています。

☆★身勝手な都合で振り回さない★☆
迎えた時は、大切にしよう、一生かわいがっていこうと思っていたはずなのに、新しい引越し先で  は犬が飼えないから、子供が生まれるから、しつけがうまくいかない...などの理由で里親を探され る人もいます。古いものを新調するかのように、別の犬を飼われる方もいます。
幸い良い里親さんが見つかればいいのですが、どうしても見つからない場合、どうしますか?
保健所で殺処分を選びますか?それともどこか遠い地に置き去りにしますか?

犬に幸せを与えるのも、その幸せを奪うのもあなたです。どうか、犬からあなたとの幸せを奪い、  「大切な人に裏切られた」という傷を負わせないでください。

☆★与えてくれるのは満足感だけです★☆
犬が与えてくれるもの。
それは、思いやる気持ちだったり、愛おしいと思う心だったり、守ってあげなきゃという使命感だったり、犬との暮らしについて考える機会だったりします。

花さかじいさんのポチのように小判を堀り当てるわけではありません。うんちの始末をしないといけ ないし、散歩にも連れて行かなければいけないし、他人に迷惑をかけたら自分の事のように謝ら  なければなりません。

十数年間犬の事を考え、世話をし、遊び相手をしたとしても、犬があなたに残すのは思い出と、写 真と首輪やおもちゃ、それと「共に暮らした満足感」だけです。
あなたは犬が死ぬ時、心から「ありがとう」と言えますか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は特に共感した4つを掲載させていただきました。
ご協力いただいたサイトはこちら →http://www.love-dog.info/
多くの人にこの文が目に止まればよいなぁ...。


nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
犬と暮らすということ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。